第91話「経営規模にあった販促をすればよい」

 今年もあと残すところ2か月と、数日。毎年思うのですが、1年の暮れるのが年々早いなと感じるのは、歳のせいでしょうか。それとも毎日が忙しく充実しているせいでしょうか。今日も午前中3件の新規現場調査、午後からも1件、それに2件の見積報告と本当にあっという間に一日が暮れてしまいました。

 あなたの会社も、秋のリフォームシーズンで毎日忙しいでしょうか?新規見込み客数が年々増加していっているでしょうか。販促PRばっちりで、商売繁盛していますか?

  さて今回は、「経営規模にあった販促をすればよい」です。

 先日、ご相談に来られた方がこんなご質問をされました。

「うちの会社は、自分の他1人の職人従業員、それに経理の家内だけの規模なんですが、それでも直販化は可能でしょうか。」

 私がお伝えした答えは、

「十分に可能です。」

 専門工事での、直販受注化を進めるに当たり、最低限必要なことがあります。それは、実際の施工をする、いわゆる現場工事を進めること以外に、そもそも、新規のお客様を見つけること=販売促進行為が必要ということです。下請中心の専門工事会社の一番苦手なことは、新規見込のお客様を見つけて注文をいただくということです。

 何もアクションを起こさずして新しいお客様に出会うことはありえません。当然直販工事も売上もたちません。今まで元請会社が、あなたの代わりに行っていた、いわゆる、営業行為が必要ということです。

「営業なんでしたことないよ。」

 その方はおっしゃいましたし、更には、

「そんな営業しで仕事を取ってくるような人員もいないし、自分も現場に入るのが毎日だし」

 でも、大丈夫なんです。

 専門の営業人員を雇うことなく、日々の現場工事を進めながら、新規の見込客様からの引き合いを獲得する方法があります。具体的には、ここではお伝えしませんが、この下請専門工事業者が、一番苦手な部分をクリアすることで、新しいお客様と出会えますし、特別なテクニックなど特に必要なく工事受注することもできるのです。

 私のお伝えする専門工事の直販化ノウハウの、最小実施可能人員は2名です。工事をしているご自身と、そのサポートをしてくれるもう1名です。奥様か、パートの方でOKです。

 元々、弊社のノウハウは、そこから始まったものだからです。

 現在の売上の多い少ないは関係ありません。

 あなたの会社、事業所規模にあった販促を進めて着実に直販受注を伸ばしていけるように弊社のノウハウは体系化され設計されています。

 現在のあなたの会社の実情や、規模に合わせて導入していただけば、直販受注が獲得でき、経営内容の改善を目的とする独自の仕組み作りをお伝えしています。

 今から、事業形態を変えて、ミニ工務店化や、総合リフォーム店化する方法ではありませんし、経営規模が小さいわけですから、そもそも勝てません。

 だからこそ専門工事業者に特化した、直販受注経営を実現する方法をなんです。そんな経営改善のやり方を知りたいと思いませんか?

  弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松が、実際の具体的実務をあなたに直接ノウハウとして提供しています。どうしても気になる、うちの会社でも実現可能なのかのは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。今度は、あなたがアクションを起こす番です。