第280話「まさか!」

豪雨、長雨の長い長い梅雨が、やっと明けました。

外仕事の専門工事店には、待望の晴天です。但し強烈な暑さ付きですが(汗)

でも、こんな真夏にマスクすることなんて、人生で一度もなかったことです。

今では、お客様との説明商談は、除菌剤、フェイスガード、マスクは勿論、ゴム手袋までして、

お互いの安全を確保しています。

あなたの工事店はどんな準備と対策していますか?

コロナ倒産せず、生き残れる術を持っていますか?

 

さて今回は、「まさか!」です。

工事店経営がある程度安定して、業績もぼちぼちを長くやっていると、

誰しも、完全に忘れ去ってしまうことがあります。

それは、

まさか!

です。

 

まさか、夏場にコロナ第二波が起こるなんて!

まさか、取引先が倒産するなんて!

まさか、仕事をキャンセルされるなんて!

まさか、考えられないクレームを起こした!

まさか、売上が急に下がるなんて!

まさか、資金がショートするなんて!

まさか、労災事故を起こすなんて!

まさか、信用していた人に裏切られるなんて!

まさか、社員が突然辞めるなんて!

などなど・・・

 

だいたい、日常業務が忙しい時に限ってその

まさか!

は突然起こります。

 

きっと、それぞれ予兆はあったと思いますが、

何しろ毎日忙しいですから、それに気づかず、

ある日、突然それは起こる。

 

あなたの工事店経営は、今までどれだけの

まさか!

を経験されてきたのでしょうか。

 

ある日、突然そんな状況に遭遇した時、

誰しも、経済的にも、精神的にも大きなショック、痛手を被ります。

私も、一昨日、あることが急に起こり、

以後どう対応すればよいか、どうやったら良いのか一晩眠れずにいました。

 

でも、起きてしまったことは絶対元に戻すことは出来ません。

ドラえもんも、タイムマシンも、もっていませんから(笑)

 

元に戻らないことに、

ああすればよかった、

こうしておけば防げたとか言っていても何にもなりませんよね。

 

その突然の

「まさか!」後に、どう会社として対応回復するしかない。

 

しょげていても、誰かに同情の言葉を掛けてもらっても、

経済的には、誰もあなたも会社を助けてくれませんよね。

 

会社を守れるのは、社長しかいませんから。

 

気持ちをいち早く切り替えて、前向くしかない。

自らの決断と行動でしか、自社を守ることは出来ないわけですから。

しょげてる時間があったら、

次何をやるのか、うんと頭で考えて、行動するしかありません!

 

次の手を打ち続けるのが、工事店経営をする社長の仕事ですから。

あなたの工事店の、

 

まさか!

 

その前に、やらなくてはいけないことありませんか?

 

「まさか!」経験豊富(笑)な村松なら、

現役工事店経営者の村松だからこそ、お話出来るヒント、

専門工事業直接受注元請経営24年の成功と失敗経験からのアドバイス、

あなたにお伝えできます。

 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、

思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。