第271話「公的資金を活用する」

東京や、北九州で、第2波の可能性が出てきました。

やはり専門家の言うように、コロナはまだまだ長引きそうです。

じわじわと全業種の経営体力を奪う可能性が高まってきました。

あなたの専門工事では今後も安定経営維持できますか?

 

さて今回は、「公的資金を活用する」です。

現状の経営を変えたい!

なにか新しい方法で、経営改善したい!

従業員を複数抱えている専門工事経営者のあなたなら、

きっと一度は考えた事があるはずです。

 

今はネットで検索すれば、大概の事は分かります。

自分の欲しいと思う事柄が瞬時に掴めます。

 

コレを導入すれば、きっと自社の活路を切り開く価値がある

 

そう調べ上げ、真剣にその導入を検討した時、誰もが初めにぶち当たる問題があります。

 

それは、お金です。

 

大企業なら、資金が潤沢ですから、決済は経営幹部の承諾で実現は可能ですが、

その多くが中小、零細が大半の専門工事店では、実際なかなか資金を捻出するのは大変です。

 

いうまでもなく、そもそも本業で利益が出ていなければ、新しい次の一手に資金投入など出来ません

 

自社の未来への投資は、現状利益の中からしか出すことは不可能です。

 

下請割合が多い、利益の出にくい零細専門工事店では、二の足を踏むブレーキになります。

そこで諦める方は、しかたありません。

 

でも、なんとしても導入して業績を上げたい方は、

地元の商工会議所にぜひ行ってほしいのです。

 

今は、コロナの影響でマスコミメディアにもちょくちょく出てくる、

小規模事業者持続化補助金です。

 

募集の期日が年内、何回かありますが、そろえる書類、手続きが通れば、次の一手の資金を手に入れることが出来る公的な補助金です。

 

補助金なので、当然、借入返済しなくてよいお金です。

 

これを活用しない手はないと思います。

一般型上限50万、コロナ特別対応型上限100万です。

 

両方とも補助金対象となるものに、

 

⑨専門家謝金

「事業の遂行に必要な指導・助言を受けるために依頼した専門家等に謝礼として支払われる経費」

とあります。

 

外部の専門家コンサルタント導入に活用できるということです。

 

社長のあなたが行動すれば、手に入る可能性が高い資金です。

本業の利益以外から引っ張れる資金です。

詳しくは、もよりの商工会議所さんで今すぐ相談してください。

 

ウチには、そんな費用を支払う利益も余裕もないから無理だと簡単にあきらめる前に、

まず、あなたが行動してほしいのです。

 

公的資金を活用する

 

その、あなたの行動からしか、そもそも未来は変わりません。

現状何もせず、未来が変わるわけありません。

 

手に入れた資金を活用して、投資の何倍、何十倍の成果を絶対出す!

そう決めた、あなたの専門工事直販化を村松は結果の出るサポート提供します。

 

 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、

思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。