第240号「マンネリ打破!環境を整える」

夜が明けるのが、ずいぶん遅くなりました。今5時ですが真っ暗です。夕方日の暮れるのも早くて、現場仕事は時間との追いかけっこです。もう今年もあと2か月になります。本当はやりたかった、やり残した事ありませんか?このままで来年も商売繁盛していきそうですか?

さて今回は、「マンネリ打破!環境を整える」です。
日々工事施工業務をしていると、事務所や、工場、それに仕事で使う工事車両、道具など、10年以上いつも通り、いつものやり方でを知らず知らず繰り返していることがあります。
いつも通りですから、なんの疑問も変化もなく日々を過ごすことになります。
でもその時々の場面では、
ほんとはこうならいいのにな。」
そう思っても、日々の忙しさに、そのことについて何も修正、改善策を打たずに過ごしがちです。
そんなとき、おススメすることは、環境を整えることです。
例えば、事務所のレイアウトを変えてみて、事務作業をよりスムーズにこなすための改善を行います。模様替えや配置をやり替えるだけで、作業効率が上がり、時間短縮になったり、動線が変わることで、より快適な取り組み意欲が湧いてきたりします。
毎日使う、工場や、工事車両も同じです。
ただ単に掃除するだけではなくて、工場のレイアウト、機械の配置レイアウトを変えてみる、壊れたままの古い道具の買い替え入れ替えもよいですね。
工事車両も、看板を新しく変えるとか、運転席の環境を整えたり、荷台の整理、整頓をし直すだけでも、現場への道中が快適になったり、実際の施工時に道具や材料が取り出しやすくなったりします。
事務所や工場、そして工事車両もある時期ごとに見直し、模様替えなどすることで、いわゆるマンネリ仕事を打破する効果があると思うのです。
我が社は、5年前に工場の減築とレイアウト変更、それに工場内作業環境を雨の日を有効に使い改善改良は常に行っています。
事務所も先日、使い勝手、動線を考え増築しました。
工事車両もちょっとした工夫や、機器の整備を常に整えています。
いつもどおりは、一番楽ですが、じつは何も変化しない。変化しないということは、それ以上新しい方法が入ってこない。仕事の仕方も売上も変わらないということです。

今のままの取引先、仕事の受注の仕方も変化しなければ、必ず将来売上は落ちます。

新しくなるということは、今までと何か違うやり方や工夫を生み出します。
何よりもそれを使う人の気持ちと頭がリフレッシュして、新しい考え発想が出やすくなります。
なので、我社は数年サイクルで大きく仕事環境を変えています。

マンネリ打破!環境を整える

あなたの工事店は、10年以上前と変わらない環境で仕事していませんか?
10年以上変わらないやり方していませんか?

今の環境や、売上を思い切って変える取り組みに挑戦していませんか?
来年に向けて、経営の取り組み、なにがやりたいですか?
今、行動を決めて起こさない限り、来年は変わりません。

残り少ない令和元年を、あなたの専門工事逆転経営元年にしてみませんか!

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。
そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。
今度は、あなたがアクションを起こす番です。