第24話 「同業他社がやりたがらないサービスとは」

2015/07/07
「同業他社がやりたがらないサービスとは」
屋根屋を殺すには刃物は入らぬ、雨の三日も降ればいい。さすがにこのところの長雨には困っています。工事が全然進みません。貴方の会社では影響はありますか?
こんな雨でも商売繁盛していますか?

さて、今回は、「同業他社がやりたがらないサービスとは」です。
このところの長雨で現場工事は中断したままで、お客様にご迷惑掛けています。今の工事が延びて次の工事着工も延びてしまいます。この時期は仕方ない事は先週のコラムにも書いたとおりです。
しかし、一方で弊社にお問い合わせの電話は、普段の3倍以上いただいています。主な内容は、雨漏りを見てほしい、雨どいを直してほしいなどです。同業の会社にも同じ問い合わせはあると思いますが、恐らく積極的には取り組んでいないと思います。
それは、雨漏りは簡単なもの以外は直すのにとても苦労するからです。何度直しても再発し、代金を頂きにくい面倒な仕事だからです。当然時間も掛かりますし、原因を突き止めない限り直せません。手間が掛かる仕事だからです。腰をすえて取り組まないと結果が出ない仕事です。同業は目先の工事や、下請工事をこなすのに精一杯の他社ではあまりやりたがりません。後回しか、簡単に補修して済ませます。そんな嫌な仕事だから弊社では逆にそこに力を入れています。すると当然、お困りのお客様からの引き合いが殺到します。沢山の事例を体験でき、直す事例も多くなります。独自のノウハウもどんどん出来てきます。その小さな分野においては他社とは実績に大きな差が生じるわけです。
一般的な工事は、弊社も他同業も取り扱う商品工事は一緒です。なので、ここで懸命になっても資本の大きいところとは競争にならないわけです。それより同業があまり力を入れないサービスを取り組んでみてはいかがでしょうか。貴社の取り扱う工事、サービスを一度見直してみてください。ヒントは「同業他社がやりたがらないサービス」です。
直販化を進める上で大きな武器になる場合があります。