第185話「直販元請化2つのデメリット」

台風進路が気になります。先の台風養生から、まだ手つかずが多く残っており、まだまだこれから復旧です。自然相手ですから、こっちの都合ではなく、受け入れるしかありませんが、正直キツイです。あなたの会社の台風対処は進んでいますか?商売繁盛していますか?

 

さて今回は、「直販元請化2つのデメリット」です。

どんな物事に関してもこれは言えることですが、良い面があれば、その反対に悪い面デメリットというものも存在しますよね。

魅力ある専門工事の直販元請化という業態変化に関しても、少なからずデメリットはあります。

第一に、自社の売上は、自社で作るしかない。

下請工事が中心或いは、全部下請けの時は、元請建築会社、大工さん、リフォーム業者からの工事依頼があれば、仕事の売上が、何も営業しなくとも立ちます。適正な金額で受注できなくとも、仕事は回ってきます。しかし、直販元請化では、自社で、お客さまをつかまえない限り、売上には一切ならない。

元々、営業が苦手だから、いやいやながらも、ある意味安定している下請をしている、忙しくとも、相手合わせの仕事をやっている限り、とりあえず売上は確保できる。

第二に、工事の責任は、すべてあなたの会社になる。

下請業者の場合、そもそも下請ですので、上には元請建築会社がいますから、それが、新築であろうが、リフォームであろうが、責任の所在は、元請会社です。あなたの工事店は、元受の指示通り施工するわけですから、元請の監督から怒られても、お客さまから直接叱られることはありません。施工の保証も基本いりませんが、直販元請物件には、あなたの工事店が全ての施工や、クレーム、そして事故まで責任を持たないといけません。

如何ですか?

やっぱり、自分には正直無理だと感じましたか?

人間は、自分の頭で、出来ないと思ったことにはそもそも挑戦しません。

2つのデメリットについて、ここまで読んでみて、

でも・・・・・・

それを負担しても、まだまだ魅力的な直販元請化だからと思った方は、チャンスです。

2つのデメリットも、今後将来の不安を打ち消せると閃いてる方は、やっぱりチャンスなんです。

なぜなら、みんな出来たらいいなの考えはするけど、実際の行動はしないからです。

なぜなら、あなたと同じ専門工事店を営む、村松が23年間、不安と失敗の中から掴んだノウハウをあなたに提供出来る形を、手に入れることもできるからです。

スーツにネクタイなんかしなくとも、工事店なんですから、作業着こそ営業スーツです。

口下手なんて関係ない受注の仕方はあるのです。

プロなんですから、自分の施工に責任を持つなんて当たり前。自社の専門工事が、地域の役に立つ、本当にそう思っているのなら、今挑戦してください。

「あなたにやってもらって、本当に良かった!ありがとう!」

を毎回お客さまから言っていただける工事店経営を手に入れるのは「今」です。

 

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。