第181話「新しいことを軌道にのせるには」

お盆休みもあとわずか。

日ごろのお疲れの癒し、または家族サービス、行楽、普段やれない事などに時間が取れる、お盆休みって、一年の工事店経営のちょうど折り返しの休暇ではないでしょうか?

あなたの仕事の前半戦はいかがでしたか?そして盆明け後半戦の予想はいかがでしょうか?ますます商売繁盛していきそうでしょうか?

 

さて今回は、「新しいことを軌道にのせるには」です。

先回書いたように、毎年私のお盆休みは、次年度の経営計画を作ることに時間をとっています。今期計画がどれだけ出来ているか、そして来期をどうするかを、普段の仕事から離れ考えてます。日々日常は、お客さまからの反響電話やその対応、工事の段取りなどに追われてしまいます。体を休めながら、来期は何しようと頭であれこれ、考える長めの休暇は工事店経営者には重要です。

今回は、私の考える、

新しいことを軌道にのせるには

について少し書いています。

マネージメントプレイヤーの小さな工事店の社長は、ほんとに日々発生する仕事を毎日ぎりぎりまでこなすことで一年が成り立っていますし、あっという間に一年が過ぎてしまいますよね。私もほぼ、そんな一年です。

でも社長っていうは、未来の、より良い経営の実現を目指して、やっぱり職人社員より高いところにアンテナを張っていますよね。日々は忙しい中にも、

「これは!うちに取り入れると絶対プラスになる!」

そう閃くことって、いろんな情報や出会う人によって良く起こることだと思います。

普通の職人では気づかない、チャンスに気づく、出会うということです。

でも、その社長の高いアンテナに引っかかったチャンスも、実際の行動に変えないと掴むことはできません。

私も恥ずかしながら、これまでいくつもそんなチャンスを逃したりしてきました。

実際、何も行動しなかったからです。

でもどうしても自社に必要なチャンスをものにするには、どうしたらよいのでしょうか?

それは、まず

試しに始めてしまうこと

です。第一歩をとりあえず進めてしまうことです。

勿論、失敗する場合も多々ありました。でも行動したから失敗に気づいた。撤退もしました。そして、その中で成功したことで、現在の私の工事店経営が成り立っている事実があります。

人は失敗する可能性や、今までやったこと以外を始めるときに自分の中で自問自答し、行動のブレーキを掛けます。掛けているうちに、日々の業務に忙殺されて忘れてしまったり、また今度の機会になったりします。

如何でしょうか?

私の工事店は、今期新しい取り組みを始めます。きっかけは今年2月。

「これは工事に使えるかも!」

これを導入し日々の業務改善になったら凄いと思ったからです。

全く経験のない事でしたので、やっぱり躊躇はしましたが、どんなこともやってみないと分からないからと、それに申し込み、まずは体験しました。

それから半年以上経って、更にいろいろ調べ、実際にやってみるを繰り返し、今期の工事店業務改善に取り入れることが実現しました!

振り返れば、父親から私の代になってからの23年間の工事店経営は、ずっとそんなことの繰り返しでした。その経験から分かったことがあります。それは、

社長の高いアンテナに引っかかる事って、必ず経営に変化や改善をもたらす

「何か」

のはずってことです。

今の工事店経営に絶対影響を及ぼすことのはずです。

それを実現するコツは、

「とりあえず始める、体験する、予定に入れてしまう」

などの行動計画を無理やり入れてしまうことです。

社長の、「出来たらいいな」は、

やってみないと分からないですから。そしてそれは社長しか出来ない。

あなたは、今年後半、何を実現しますか?

そのことの第一歩目の行動していますか?

 

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。