第172話「総合リフォーム屋に負けない作戦」

台風の影響はあまりなく、工事が進み、少しほっとしています。

とはいえ、梅雨はこれからが本番、晴れの日は目いっぱい活用して、工事の遅れは最小限で乗り切りたいものです。忙しくなるこの時期、あなたの専門工事はますます、商売繁盛していきそうですか?

 

さて今回は、「総合リフォーム屋に負けない作戦」です。

昨日は、弊社セミナーを受講された方の会社に訪問し、新たなご縁をいただきました。

今後、下請受注金額のジリ貧を危惧しての、いま次の手を打たないと大変なことになると強い思いで、弊社にオファーいただきました。

現在の指導先の屋根瓦工事店、板金工事店、防水工事店、左官工事店の実績結果をお話しし、ご納得いただいたので、早速指導に入ります。一年後の大変化を予感しています。

一緒に頑張りましょう!

さて本題に戻りますが、あなたの地域ではリフォーム会社が、ますます増えて、あなたの専門工事領域を取ってきていませんか?あるいは、そもそも、リフォーム会社の下請けをしているという話を以前にも増し聞くことが多くなってきています。

あなたの会社ではどうでしょうか?

リフォームの需要は、新築需要より安定してきています。経済的な背景もあり、現在の住まいをリフォームによって長持ちさせる、機能アップやリフレッシュを選択される方が増えたためです。当然リフォーム屋が増えるわけです。

増えたリフォーム屋間で起こる過当競争。相見積が横行します。と、いうことはその下請け業者は、更に厳しい単価で仕事を請けざる負えない。

仕事はあって忙しいが、儲かるどころか、赤字、赤字すれすれの仕事ばかりで一年が過ぎてしまう。

それって、本当に望む姿でしょうか?専門工事だから仕方ない?下請だから元請についていかないと・・・

あるいは、自社も総合的なリフォーム事業を立ち上げる!そんな方もおみえかもですが。

弊社のやり方は、大手のリフォーム屋にまともにやり合う方法はしません。資本の大きいい会社に勝てるわけないからです。必ず負けます。

弊社が行う直接受注の方法は、あなたの専門工事を中心にした方法です。専門工事屋だから出来る修理、工事、サービスは、総合リフォーム屋の持ち合わせるレベルより高いです。

このレベル領域だけなら、総合リフォーム屋より絶対上なはず。逆な言い方をすれば、専門性の高いこの領域以外は、真似しても初めから負けるのです。

ここを自覚し、分かった上で最大限PRしていくことを迷わす継続することで、総合リフォーム屋や、工務店、建設会社とは、まともに競争にならない方法があるのです。

専門工事屋には、その専門工事独自の強みがあるということです。

ただ、やり方を間違えると、失敗するか、弊社のように長い年月がかかってしまいます。

専門工事を中心とした自立経営の仕方も、手順も準備も整えながらやっていかないとうまくいかないのも事実です。

いかがでしょうか。

将来の売上を他人任せにするか、自主的売上に移行させるかは、今決めて行動に移さないと変わらないし始まりません。

 

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。