第171話「新しい売上の柱を立てるのか」

よく降る雨ですね。

工事の遅れが気になる季節到来です。これから梅雨明けまで、天気情報と毎日にらめっこの日々が続きます。雨で、現場に出られない日は、何をしていますか?社長の代わりに次の段取りや、見積の出来る職人社員は、育っていますか?先々の商売繁盛目指して行動していますか?

 さて今回は、「いつ新しい売上の柱を立てるのか」です。

先週は、私の話を聞きたい方の会社訪問や、商売繁盛セミナーで、新たな方とお会いする機会の多い一週間でした。

もちろん、全員、元請化に関心を持たれる方ばかりでしたので、様々な質問をいただき、それに対する回答もさせていただきました。

 屋根瓦屋さん、板金屋さん、防水屋さん、左官さんの専門工事会社が、いかに今の下請け体質を脱却し、直接受注比率を高める方法をお話しました。

専門工事の会社が、元請直販化するとき、失敗しやすい点から、実際の工事受注の方法から経営が成り立つ仕組み作りまで、大雑把ですが、大事なところはお伝えしてきました。

 弊社の実例や、実績まで聞かれ、このノウハウ仕組みは、弊社しかできない特殊な方法ではない、自社で取り入れられるやり方だと思われた方も多くおみえだったと思います。

しかし、問題はここからです。

具体的な方法を知っても、それを実際、やってみる行動が伴わないと、実は何も変わらない。

新しい、知らなかった一つの知識が増えただけにすぎません。

 こんな例があります。

たとえば、自転車の乗り方の本を読んで頭で理解しても自転車は乗れません。

実際、自転車を手に入れ、サドルにまたがり、ペダルに足を掛け、何度も何度も転ばないと、自転車を乗りこなすことは出来ません

専門工事の直販元請化も同じです。

実際に、自社で直販PRしたり、引き合い電話が鳴ったのち、現調や、そして見積、受注にならない限り、「新しい売上」に一切ならないからです。

 下請けの売上は、元請会社が作ってくれますが、自社独自の元請としての「新しい売上」はあなたが作るしかありません。

あとは、手に入れた知識をいつ、行動に変えるかだけです。

現状の忙しさに日々時間を取られる毎日だとは思います。

でも、その忙しさは、本当に望む姿ですか?

これから先もずっと、忙しいが保証されますか?

その売上と、利益はあなたの本当に望むだけありますか?

会社の未来の「新しい売上の柱作り」、いつ取り掛かりますか?

それは来年ですか?今年ですか?今月ですか?今週ですか?今日ですか?

 

屋根外装関連の専門工事なら、「今」は一年で一番のチャンスです!

 弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。