第106話「あなたの会社の存在を伝える」

だんだん日が長くなってきました。午後5時過ぎてもまだまだ工事出来ます。弊社では5分、10分で帰社できる直販工事現場ばかりですから、売上に直結する作業する時間がより長く取れて、効率がいいですね。よく考えてみれば、車移動時間とは、ガソリンを使い、疲れるだけで、1円も生みませんから。

あなたの現場は近いですか、それとも遠方が多くて移動時間が長いでしょうか?

施工時間が多く取れる会社の仕組みで商売繁盛してますか?

 

さて今回は「あなたの会社の存在を伝える」です。

あなたの専門工事会社は、地域で有名でしょうか?おそらく、専門工事の業界内では、有名な会社かもしれませんね。業界No1かもしれません。

 では、一般の方から見て、あなたの会社は有名でしょうか。

何をしている会社かを、ほんの数軒先の方に聞いてみてください。びっくりするほど

「知らない」っていう答えが返ってきます。あなたの会社の名前と、何の会社だかは、ほんとに知られてない事実に愕然とします。

これは本当です。

 なぜなら、その数軒先の方は、あなたの工事会社が、自分に必要かどうかわからないし、知らないからです。

 私の提唱している直販受注工事とは、一般のお客様から問い合わせをいただき、直接工事依頼を受け、施工し売上する工事の事を言いますから、そもそも、一般の方から見て、有名でないと、そもそもお客様から問い合わせなど発生しません。

 ですので、有名になるために、何らかのPR、営業活動が必要になります。

大手企業のようにテレビCMを打てば、有名になれるかもしれませんが、莫大なPR費用が掛かるわけですから、中小零細の専門工事では初めから無理です。

 さらに、人は、一番は知っていますが、二番目は知らないことが多い。日本で一番高い山は富士山。では二番目は?「・・・・」

 莫大なお金も、一番もない会社は、やっぱり有名になることは出来ないのでしょうか?

答えはNOです。

もし出来なければ、そもそも私の工事会社は存続できません。

なぜなら、私の会社は下請受注ではなく、一般の方からの直販元請売上だけで今日も経営しているのですから

 営業専門社員は0です。職人社員がいるだけです。お客様との相談、契約は私がやりますが、私自身、営業専門でもありません。業界内規模でも、まったくNo1でもありません。

 もちろん、自社ホームページや、タウンページや、野立ての看板もしておりますが、あくまで、それらも二次的なPR媒体です。

 そんな弊社でも、有名になる考え方、効果的な媒体や、具体的な方法があるのです。

もちろん費用とすれば、最低PRのコストは発生しますが、人、一人雇うほどかけてません。それに、取り扱う専門工事分野も変えていません。でも、お客様から確実にお問い合わせが入る方法です。

 一般の方からみて、同業他社より、有名になる方法です。一番初めに思い出してもらう方法です。

現場に行くにも、忘れ物があっても、その日のうちに。510分で会社に戻れる現場ばかりになるやり方です。

効率いいから当然、今までよりも儲かりますよね。

そんな具体的な直販受注のやり方を取り入れませんか?

でも最後に、たった一つだけ言えること。それは、

思っているばかりでは、何も進まないし変わらない。

経営は、実務実業ということ。

今の売上に、利益に不満足、不安があるのなら、今、行動してください。今までなかった新しい売上、利益が生まれます。

村松は行動すると決意したあなただけを直接サポートし、結果が出るまで一緒になって伴走させていただきます。

 

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松が、実際の具体的な考え方、実務をあなたに直接ノウハウとして提供しています。どうしても気になる、うちの会社でも実現可能なのかのは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。今度は、あなたがアクションを起こす番です。